バイナリーオプション取引方法.com

バイナリーオプションとFXの関係

バイナリーオプションとFXには、深い関係があります。簡単に言えば、バイナリーオプションはFXの一種であるといえます。取引の対称となるのは、米ドル/円を始めとした通貨ペアであり、為替相場の変動を利用して利益を得る点は、この両者の共通点です。

しかしバイナリーオプションとFXには、違う点もたくさんあります。この2つを比較しながら、バイナリーオプションの特徴を掴んで行きましょう。

レートの変動幅と利益の大きさが比例しないのがバイナリーオプション

hiusrere バイナリーオプションとFXの最大の違いは、この点にあります。FXや株式投資は、レートの動きが大きくなればなるほど、基本的に利益や損失の額が大きくなります。しかしバイナリーオプションでは、その大きさが利益や損失の大きさとは関係ありません。つまりある程度の動きがないと利益がでないFXに対して、動きが小さい時でも予想さえ当てれば利益を得ることができるのがバイナリーオプションなのです。

事前に利益と損失の範囲が決まっている

上記の特徴と共通する点もありますが、バイナリーオプションは投資前に、最大の利益と損失が確定しています。バイナリーオプションにおける最大の利益は、ペイアウト率で設定された金額であり、損失の最大は、投資した金額の全額になります。しかしFXの場合には、レートの動きが大きくなればなるほど利益は大きくなり、また損失の場合も、投資した金額以上になるリスクが常にあります。TradeRushは、ペイアウト率の高いことで名のしれたブローカーですが、リスク管理についても協力的なサポートチームを配備しています。各業者のペイアウト率を比較しているバイナリーオプション ブログなど、色々な意見を参考にして最良ブローカーを見つけることが成功への第一歩です。

時間が決まっている

バイナリーオプションでは、取引の終りの時間があらかじめ決まっています。そのオプションの満期の時間になれば、自動的に終了します。しかしFXは、もちろん短時間で終わらせることも可能ですが、長く投資をしようとすれば、無制限に続けることができます。基本的にバイナリーオプションは、比較的短時間で終了するため、より扱いやすいと言ってよいでしょう。

少ない金額から始めることができる

FXは証拠金取引なので、比較的少ない資金で効率的な資金運用が可能です。しかしその一方で、ある程度の資金が必要であることも事実です。逆にバイナリーオプションは、証拠金取引ではないので、自分が持っている金額の取引きしかできない反面、1,000円以下などの少額からの取引きができるようになっています。これもバイナリーオプションが扱いやすい理由の1つです。

予想が簡単なのがバイナリーオプション

対象銘柄のこの先のレートの動きを予想する点では、バイナリーオプションとFXに違いはありません。バイナリーオプションもFXも基本的には、この先のレートが上昇するのか、あるいは下落するのかを予想する取引きです。しかしFXは想定する利益や損失の範囲、そして投資期間などの設定は投資家個人が決めて運用するのに対して、バイナリーオプションでは、それらの要素のすべてが、あらかじめ業者によって設定されています。そして投資家は、オプションの銘柄と投資金額の2つを自分で決めるだけなので、それだけ自分で設定する要素が少なく、簡単であると言えます。

この設定の自由度が少なく、予想が簡単なことは、バイナリーオプションのメリットであり、デメリットでもあります。比較的短時間の投資であるという特徴と合わせて、短時間で繰り返しの投資ができるのがバイナリーオプションです。利益が出ているときには、繰り返すことで利益を積み重ねることができますが、損失が出ている時には、それが短時間で膨らむ可能性があるのです。このあたりが、バイナリーオプションのギャンブル性が問題視されている最大の理由です。常にリスクを考えた、冷静な取引きが必要です。

 

 

瞬発力と体力

  • ちょっと前からニュースなどでよく聞くようになったのが、FX。外貨をパソコンで売買するなんて、できるのかなと思っていたら、できましたよ。やってみると意外と簡単ですね。しかし、精神的な体力が必要だと思います。

    瞬発力っていうのかな、売買のタイミングを見極める決断力が要りますね。これがけっこう、難しい。さらにいうなら、つかれます。やっぱりお金がかかっていることだから、緊張するんですね。そういう意味で、FXだけで生計を立てている人やデイトレーダーってすごいなって思いますよ。

  • あれだけのプレッシャーをクリアしてなおかつ、お金を稼いでいるんだから。FXは少額から始められるので、人生経験のためにも一度やってみてもいいんじゃないですかね。