バイナリーオプション取引方法.com

FXで長期トレードを狙う

FXと言えば、テレビのCMなどでも有名な投資取引ですが、24時間いつでも取り引きが行えたり、ネット環境とパソコンやモバイル機器、スマートフォンなどを駆使してどこでも場所を選ばずに投資が行えたりなど、アクティブな印象が強いと思います。

実際の投資スタイルでも、一日で注文を終えてしまうデイトレードや、数分から場合によっては数十秒で完結する取り引きを何十回も繰り返して行うスキャルピングトレードなど、スピーディーなものが多いことも事実です。

FXでは、外国為替市場の為替レートの変動を利用して、2つの異なる通貨を互いに売買しながら利益を求めていくために、その為替レートの秒単位で移り変わっていく状態に合わせて、こうした傾向が強くなることが考えられます。

では、FXには長期トレードは向いていないのでしょうか。実は、FXには長期トレードに非常に適した利益獲得方法があるのです。
FXは通貨を銘柄にしていますが、この通貨にはそれぞれの国が定めた金利が設定されています。この2つの通貨の金利の差をFXではスワップポイントと呼び、取引業者によってその大きさに多少の差異はありますが、金利の低い通貨で金利の高い通貨を保持することで、日ごとにその金利差を受け取ることができるのです。

特に現在の日本の円は、超低金利とされているために、どの国との通貨ともおおよそ相性が良く、スワップポイントを受け取りやすい状況になっています。
特に資源産出国の金利は高いところが多いために、オーストラリア連邦のオーストラリアドルや、南アフリカ共和国の南アフリカランドなどは、高金利を誇る通貨と知られており、日本円と組み合わせることで高いスワップポイントを得ることができます。

例えば、平成16年3月現在で日本円の金利は0.1%であり、南アフリカランドの金利は7.0%になっています。
先の通りにFXの取引業者によりスワップポイントに差異があるのですが、日本円で南アフリカランドを10万通貨分買って保持していると、おおよそ一日当たりに110円前後の利益を受け取ることができます。

このように、FXでも通貨を長期的に運用することで、利益を積み上げていくことができる投資トレードが存在しています。
同じように金利を目的とする金融商品に、日本の円を外貨に換え、外国の銀行に預けてその利子を求めて運用する外貨貯金があります。

外貨貯金は多くの場合は定期預金になりますので、預け入れをしている期間中にお金をおろすことはなかなかできませんし、日本円に戻す際には高い手数料が必要になるというてんがデメリットとしてあげられます。
しかし、FXはもともとが短期的な売買をすることを目的としていますので、日本円に戻したい場合は、戻したい分だけ決済注文を入れることですぐに日本円にできますし、多くの取引業者において、その売買手数料は無料となっているのです。

こうしたことから、同じように金利を求めて資産を運用する外貨預金よりも、ずっと小回りが利くことは間違いありません。

デメリットを上げるとするならば、通貨を買って保持している間でも、為替レートによってその価値が変動しているために、万が一、損失方向へレートが大きく流れていかないように、外国為替市場の為替相場に常に目を光らせておかなくてはならないというところになりますが、それ以外の部分では、充分に利益を掴める投資スタイルとなりますので、ゆっくりと楽しみたい投資家にもおすすめできるFX長期トレードと言えるでしょう。

 

 

瞬発力と体力

  • ちょっと前からニュースなどでよく聞くようになったのが、FX。外貨をパソコンで売買するなんて、できるのかなと思っていたら、できましたよ。やってみると意外と簡単ですね。しかし、精神的な体力が必要だと思います。

    瞬発力っていうのかな、売買のタイミングを見極める決断力が要りますね。これがけっこう、難しい。さらにいうなら、つかれます。やっぱりお金がかかっていることだから、緊張するんですね。そういう意味で、FXだけで生計を立てている人やデイトレーダーってすごいなって思いますよ。

  • あれだけのプレッシャーを クリアしてなおかつ、お金を稼いでいるんだから。FXは少額から始められるので、人生経験のためにも一度やってみてもいいんじゃないですかね。